<< 台風きてる  | main | 南三陸町に行ってきました 2 >>

南三陸町に行ってきました



関西で、Artists’ Action for JAPANと言う アートを通したチャリティーイベントなどに
参加していて、やはり行こうと思ったので、5月末 台風と重なりながら 東北に向かいました。

僕の見たこと感じたことを書こうとおもいます。


子供と遊びました 遊んだと言うか 振り回されたと言うか・・・
やんちゃな子が 顔面も御構い無しに殴ってくるのが 少し激しくて 驚きました
子供の見えにくいストレスとか言われているけど
やっぱり実際すごくあるのかも、と思いました
普段から小さい子に頻繁に接してないのもあるだろうけど・・・



物資、主に衣類の仕分けをしました
シミがついてたり、少し破けてたりする物は、廃棄にしました。
仕分けをしていて、すごく感じたのは、
被災した方も同じ時代を生きてる事を忘れてはいけないと言うこと。
肩パッドのガッツリ入った紫色の服や、タンスの肥し的な服が
結局選ばれないで残って 仕分け作業が増える現状でした。
何もかも流されてる映像をニュースなどで見たからといって
なんでも着ると言うわけではない    なんだか当たり前なのに盲点でした
先進国ならではなのかもしれないですが
明らかにタンスの肥し・・・送る側の意識一つで大きく変化があるはず



ボランティアの人も、現地の人も 自衛隊さんの仮設お風呂を使ってました もちろん僕も
大型瓦礫撤去から水関係・・・ ライフラインと笑顔を復旧さすチカラに
何度もスゴイと言った気がする 
道路すら見えなかった場所を 復旧さすチカラに 現地の方がすごく感謝していた



瓦礫から見つけ出されて 洗浄された写真の展示が行われていて見に行った
ものすごい枚数が貼り出されて みんな真剣に見てまわってられた
デジカメ世代の写真の少なさに気付いた時 胸がカァとなった
プリントアウトするアルバムをつくる事 ホントに大切



まだまだあるのですが ひとまず





































現地の方が 「写真撮って帰って みんなに伝えて」と言ってくれた。





「瓦礫はゴミじゃなくて、誰かの持ち物。海や瓦礫を撮る時は、そこに人を感じて撮り」
現地で出会った 災害専門の写真家 正村圭史郎さんが教えてくれた
正村さんのサイト 
http://dosv.shiga-saku.net/


コメント
『自衛隊の皆さんありがとう』
って言葉ひとつで目ぇうるんだや

なんでやろ、ほんと感謝の気持ちがすごく伝わってくる


  • ちあき。
  • 2011/06/22 12:36 AM
ちあき。さんへ
震災直後から自衛隊さんの活躍は 本当にすごかったんだと思う 2ヶ月たってても感じました。
  • さがわ
  • 2011/06/24 1:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM